エンタメ

吉本の会見の最後に岡本社長を擁護した人は誰?ヨイショはいらない!

吉本興業の岡本社長が7月22日、記者会見を開きました。記者会見は5時間近く行われ、とにかく長い!!的を得ない!パワハラを冗談で済ますなんて!

と吉本興業側に批判が相次ぐものになりました。それを察してか、会見の最後に社長は実は頼れる人なんです。と吉本側の人が擁護しました。

これに対して、ネット上ではそんな擁護はいらないから!と火に油を注ぐことになりました。

吉本の会見の最後に岡本社長を擁護した人は誰?

こちらの3時間53分あたりからご覧ください。

社長は強面だけど、本当に頼れるんです。藤原副社長よりも、夜中に連絡しても対応してくれる。と社長の批判が集中していることを察して、世間の誤解を解こうとした感じでしたね。

吉本さんの会見会見最後の社員二人による岡本社長のフォローコメントはプラスになると思って言ったのだろうか…どう考えても逆効果だよね

吉本の会見の最後に岡本社長を擁護した人は誰?

藤原副社長とともに、岡本社長を最後にヨイショした人って誰だったのでしょうか?

こちらの方ですが、よしもとプロデューサーの中村聡太さんだそうです。

経営陣が最後最後に 岡本社長フォロー発言。 最悪。
最後の締めで突然の社長礼賛 ダメな記者会見の見本として完璧。
最後に部下が長々と媚びへつらってフォローしているのも、ブラック企業の典型だと思います。 あの、中村聡太氏は完全なサイコパスです。 藤原さんも大変です
吉本興業マネジメント本部の中村聡太氏、この人みたいな人がいる限り吉本はダメだよ。会見の最後の最後で、あんだけグダグダな質疑応答しかできない岡本社長の太鼓持ちをすることで点数稼ぎをするとはね。しかも隣席の藤原寛副社長をこき下ろしつつの媚びへつらい。これぞブラック企業の典型です。

ヨイショはいらない!

先ずは5時間の会見お疲れ様でした…でも、藤原副社長、中村聡太プロデューサー、今回の会見は笑えません。もう少し世間を見てください。芸人さんに笑かしてもらいたいんです。あなたたちじゃありません。変わることを期待してます