エンタメ

画像|あいちトリエンナーレ反日展示物まとめ・慰安婦像・昭和天皇

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示物に対して、苦情が殺到し、脅迫文が届くなどしたために、開催3日でイベントが中止になる可能性も出てきました。

あいちトリエンナーレの反日展示物は?画像

あいちトリエンナーレの反日展示物は「表現の自由展・その後」という企画で展示されています。

ここに展示されているのは主に、日本で過去に何かしらの理由で展示ができなくなってしまった作品です。その理由は様々ですが、「表現の自由」という言葉をめぐり、単純ではない力学があったことが示されています。

表現の自由とは、民主主義や基本的人権の核心となる概念の一つです。

引用:あいちトリエンナーレ公式

どんな作品であろうと、表現の自由なのに、政治的な背景や、その時代にそぐわないもの、道徳的に受け入れられないものなど、過去に展示できなかったものを集めた企画のようですね。

相当古い時代のものであれば、例えば江戸時代とか、それ以上前のものであれば、受け入れられたのかもしれませんが、今もまだ展示できないような作品を集めたようですので、当然ながら、物議は醸すことでしょう・・・。

さて、反日展示物と言われたものは一体どんな展示物だったのでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

しげ しげさん(@shigeshige2011.2012)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

人間悪魔さん(@dstrevrt)がシェアした投稿

感想

大炎上すると予測できると思うのですが、炎上して開催中止になってしまうと税金がすごくもったいないな。と思ってしまいますね。