ニュース

新元号「令和」の裏話!閣議室の前で電波妨害して過熱報道を防いだ!?

4月1日に新元号の発表がありました。11時30分頃、日本中が見守るなか政府は「令和」という新元号を明らかにしました。

今回、これだけ通信が発達した時代であるために、新元号の流出が懸念されていましたが何とか無事に発表できましたね。

マスコミの過熱報道を抑えるために、政府側も色々と対策を立てていたようですね。

新元号「令和」の裏話!閣議室の前で電波妨害


4月1日の新元号発表には、多くの記者たちが一番早くに報道をしようと息巻いていました。

なんとTBSでは100人態勢で臨んだのだとか。

11時30分の発表までは、総理官邸で会議をしていた有識者の方たちも通信機器を回収されて、情報流出を防いでいたり、

記者に関しては、有識者がいる部屋の近く「閣議室」や「閣議応接室」に近づくと圏外になるという事態が発生していたようです。

30人近くいる記者が、閣議室の近くに行くと全員の電波が圏外になり、5メートルほど離れると全員の電波が元に戻るということで、これは・・・

「電波妨害しているのでは?」

と記者たちの間で話がされていたようです。有識者たちの話を何かで音声をとったりすることを防ぐためだったのかもしれませんね。

今回は、ピンセット程度のものでも見逃さない!という気持ちで臨んだそうで、情報の漏洩がなく、健全に発表となったのでよかったですね!

他の元号案が発表される


政府としては、新元号以外の元号案は発表しません。と発表していましたが、結局のところ、マスコミの粘り強い取材のおかげであとの5つの元号案が報道されました。

もし、どこかで情報が漏洩してしまった場合。そんな最悪の事態がおきた時には、「令和」はやめて、あとの5つの元号案から選考されていた。ということです。

他の5つの元号もさすが!!と思える位にいい元号ですよね!

でもやっぱり令和でよかったなあ~と思いました。情報が洩れてしまった時点で2番手の元号になってしまうわけですからあまり気持ちよくないですし、本当によかったです!

マスコミの過熱報道についての声

漏洩したらあかんものをぐいぐい聞いてどこよりも早く、とかアホちゃう。それ誰のためにやってんの。待てばわかるものを妨害してまでまじでゴミやと思うわ。国民はテレビ見てれば新元号わかるんやぞ。発表より先に知ることでおもんなくなるやんけ。まじで誰のために何届けてんの
TBSはどこよりも早く元号を入手するために取材記者100人体制だった? 余計なことしてるなー
もしも電波妨害が本当だったとして、電波妨害をされる理由はメディアに信用がないからだ、と考えるのがスッと腑に落ちるよね。

感想

はじめに新元号を聞いた時は、へえ・・・という位でしたが、なんだか慣れてきてすごくしっくりくるような気持ちになってきました!