NGT48

NGT48の記者会見中に山口真帆がついにツイートで真実を語る!!

NGT48の山口真帆さん暴行事件に関して、運営は第三者委員会を設置して調査を行う。と発表していましたが、その調査方向が21日行われ、また22日に記者会見で説明すると公表していました。

しかし、記者会見中に当事者である山口真帆さんが約2か月半ぶりにまさかのツイート!!さらに、そのツイートをリツイートして瞬く間に山口さんの発言は拡散されました。

NGT48の記者会見中に山口真帆がツイートで反撃!

新潟で行われた記者会見は、13時30分から開始!

そしてその途中でついてついに山口真帆さんからツイートにて真実が語られました。

これまで、どんな時もずっと我慢してだまっていた山口真帆さんですが、ついに記者会見中に発言されました。

会見中に第2弾のツイートも投下

記者会見では、松村匠取締役が何度も「つながり=挨拶」だと主張。このつながりというのは、NGT内の風紀の部分で問題視されていたファンとメンバーとの関係のこと。

ファンとつながりがあったメンバーは12人だったと、調査で判明したが、これに対して、松村匠取締役はつながりというのは挨拶です。とうやむやにしようとしていました。

すると、山口真帆さんから第2弾のツイートが!


調査報告書には、繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。と反論。これを記者たちは、指摘。すると、記者会見中にあがったツイートを運営の3人は確認し、

「お待ちください。ちょっとお待ちください・・・」

と、調査報告書の中の挨拶という記述を探し出す松村匠取締役。2~3分位はたったでしょうか・・・。沈黙が続き・・・

「ないですね。書いてないですね。私の解釈が間違っておりました」

という内容のことを発言。つながりというのを、自分が勝手に、あいさつのことだと解釈してしまいました。申し訳ありません。と謝罪。

記者会見中にツイートが入り、ツイートをもとに会見が進められるのは異例です。

再び山口真帆さんがツイート!


本当に、山口真帆さんの憤りを感じます。

感想

山口真帆さん、ツイートで暴露されましたが、今後アイドルとして活動できるのでしょうか・・・。

どうにかして、山口さんにはNGTでなくても、アイドル活動をさせてあげたいなと思います。