ニュース

仮想通貨モナコインを不正に引き出した18歳少年の手口・動機がヤバすぎる!

仮想通貨を保管するサイト「Monappy(モナッピー)」からモナコイン1500万円を不正に引き出したとして、宇都宮市の18歳少年が書類送検されました。

警察による任意の聴取により、こちらの少年が不正に仮想通貨を引き出した手口やなぜ不正したのか?の動機が明らかになりました。

仮想通貨モナコインを不正に引き出した18歳少年の手口は?

保管サイト「Monappy(モナッピー)」では「ギフトコード」と呼ばれる英数字を入力するとモナコインが付与される。本来はコード1個につき1回しか送金されないが、少年はコード56個を使い、自分のスマートフォンで約8200回にわたり送金申請を行った。その結果、約640回に上る誤送金を起こさせ、1500万円相当のモナコインを入手したという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000071-jij-soci

スマホで約8200回も送金申請して、約640回、ご送金を起こさせた。とあります。それにしても意外と地道に単純な操作をコツコツと続けて不正していたのですね。

仮想通貨モナコインを不正に引き出した18歳少年の動機は?

少年は任意の聴取に、高頻度で申請を繰り返すとシステムが誤作動を起こすことに、以前から気付いていたと供述。「誰も知らない裏技を見つけてしまったような気持ちになった。悪いことだとは分かっていたが、自分の口座の残高が増えていくのが楽しかった」などと話しているという。」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000071-jij-soci

この18歳の少年は動機について、ゲーム感覚だった。と話しているようですが、確かに約8200回も申請を繰り返すなんてゲーマーなのかな?という感じですね。

誰も知らない裏技を見つけて、不正をして口座の残高を増やすのが楽しいだなんて現実の感覚とあまりにもかけ離れています。

仮想通貨や、通常の支払いなんかも、今後は現金がなくなっていく傾向にありますので、不正をしても何となく現実味がなくなったり、お金が動くという感覚よりも数字が動く=ポイントが増える位の感覚になってしまって罪悪感が薄れていますので、今後は不正の防止とともに、モラルの問題にも取り組まないといけないのかもしれませんね。

仮想通貨(モナコイン)流出で書類送検された18歳少年は誰?正体は?仮想通貨を保管していた「Monappy(モナッピー)」から不正に1500万円分の「モナコイン」を引き出したとして、宇都宮市の18歳少年が...

仮想通貨モナコインを不正に引き出した18歳少年のニュースを見た人の反応は?

こちらの少年、不正に引き出したあとは、インターネット上の22口座に分散させて送金したそうです。最終的には海外の口座にほとんど隠していたそうですが・・・それにしても賢いですよね。

北にも盗られるわ18の子どもにも盗られるわ、 仮想通貨のセキュリティってザルなん?
モナコインの仮想通貨の10代、凄腕ハッカーなどではなく全く無くアナログ過ぎて笑えるし、雑!
モナコイン モナッピーの方が問題じゃないの? 連打で壊れるようなシステム使って
今回書類送検された18歳の少年、スマホ連打という裏技を見つけたみたいだが、ある意味天才や。

まとめ

18歳で不正をして、もし捕まらなかったらこの少年はこの先もずっと犯罪していただろうから、今回、見つかって良かったと思いますね。

しっかりと反省して不正にお金を引き出すのではなく、能力をつかって自分の力で稼いでほしいですね!

仮想通貨(モナコイン)流出で書類送検された18歳少年は誰?正体は?仮想通貨を保管していた「Monappy(モナッピー)」から不正に1500万円分の「モナコイン」を引き出したとして、宇都宮市の18歳少年が...