エンタメ

あざとい!宮迫が若手芸人復帰働きかけて美談・好感度上げ印象操作?

反社会的勢力に対する闇営業問題で、謹慎処分を受けている雨上がり決死隊の宮迫博之さんが、一緒に謹慎処分を受けた若手芸人たちの復帰ができるように、関係者に働きかけていると報道されました。

これに対して、ネット上では批判が殺到!自分を犠牲にして若手を応援するというやり方が、あざとい!好感度を上げようと印象操作している!と炎上しています。

宮迫が若手芸人復帰を働きかけている!

雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら13人が事務所を通さずに反社会的勢力の会合に参加して金銭を受け取り、先月から謹慎中。

関係者によると、収入面などを考慮して若手を中心に復帰に向けた社内調整が始まり、先輩格である宮迫が

「自分よりも若手を復帰させてほしい」と関係各所に働きかけているという。 

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000030-sanspo-ent

確かに、宮迫さんが100万を受け取ってあとの若手芸人たちはかなりの少ない額だったこともありますし、

宮迫さんがはじめに記者会見をして謝罪をしていたら、ここまで大ごとにはならなかったでしょうから、申し訳ない気持ちから、このような行動に出たくなるのもわかります。

自分が嘘をついたことで、若手芸人もそうですが、若手芸人の家族まで巻き込んでしまっていますからね。気持ちは苦しいに違いありません。

あざとい!美談にして印象操作してる?

あざとすぎ!ひと昔前だったらいい人で通用したかもしれないけど、今は通用しない。逆効果
自分よりも若手に、って印象操作してるだけ。
若手芸人の復帰に向けて働きかけるよりも、ちゃんと会見開こうよ。