エンタメ

misonoの夫Nosukeが左睾丸摘出手術!日常生活は?子供は?

misonoさんの夫のHighsideドラマーNosukeさんが精巣がんで入院されていましたが、ブログにて「左睾丸摘出手術を受けた」と報告がありました。

Nosukeさんは、まだ29歳で若いのにがんが見つかり本当に辛いですよね。misonoさんとNosukeさんは2017年に結婚したばかり。まだまだ新婚のお二人でしたが、今後の日常生活については一体どんな影響があるのでしょうか。

Nosukeのプロフィール

本名 中村真之助 なかむらしんのすけ
出身 東京都町田市
生年月日 1989年7月16日
担当 ドラム
11歳からドラムをはじめる

中村真之介って、歌舞伎の人みたいでかっこいい本名ですね!

NosukeさんはバンドHighside(ハイサイド)のドラマーです。

11歳からドラムを叩いていたというだけあって、上手いですね。と思うのですが、いかがでしょうか?正直なところドラムが上手いとかよくわかりませんが上手な気がします。

左睾丸摘出手術について

精巣がんというのは、すぐに転移するそうですね。ですのですぐに手術をしないといけないそうです。

▼精巣ガンは進行が早いという恐ろしい特長を持っている

▼なので、できるだけ早く摘出しないと転移する危険が高まる

精巣ガンは痛みがないため自覚症状がなく、しかも進行が早いため、転移するレベルまで気づかない人も多いらしいのです。

普通は自分のきんたまの大きさや硬さなんて、わざわざ確かめたりしません

Nosukeさん、すぐに気づいてよかったですよね。ちなみに手術については、

きんたまの摘出手術と聞くと、袋を切ってそこからタマを取り出す…というイメージだと思いますが、実際は左下腹部を切り開いて、左精巣に関わる器官をすべて摘出するそうです。

お腹から切って、精巣を取り出すようですね。ここ、怖い・・・。

日常生活できる?子供は?

片方が残るので性機能は失われない

とのことなので、子供ができる可能性は十分にありますね。Nosukeさんもまだ29歳ですし、misonoさんも妊活をしていたので、ああ~よかった。

左睾丸を摘出しても日常生活は普通に遅れるようです。人間の体ってすごいですよね。

感想

精巣がんって、進行が早いそうなので、このように精巣ガンが周知されることによって、早期発見できる可能性があるので、Nosukeさんは嫌かもしれないですが、公表してくれてよかったなと思います。

摘出するだけで命も助かりますし、日常生活も送れる、性機能も失わない。ということでしたら、本当に早期発見して欲しいですからね!