エンタメ

宮藤官九郎脚本の大河ドラマ「いだてん」のキャストが豪華で面白い!

演出家であり、脚本家でもあり、役者でもある多才で面白く素晴らしい作品をたくさん手がけている宮藤官九郎さん。池袋ウエストゲートパークで一気に人気がでました。

そこから朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でも才能を発揮!!大ヒットの作品となりました。

2019年には大河ドラマ「いだてん」の脚本を担当されることが決定し、すっかり日本を代表とする脚本家になられましたよね。

今回は、宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん」のキャストについてご紹介します!

大河ドラマ「いだてん」の概要

2019年1月6日スタート 総合テレビ:毎週日曜 20時-20時45分に放送

今回の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」は、二人の男が主人公です。一人は日本ではじめてオリンピックに参加した男「金栗四三(かなくりしそう)」と、日本にはじめてオリンピックを招致するべく尽力した男「田畑 政治」

おの二つの男の物語がリレー形式で進んでいくわけです。

さらに、今回の進行はなんと「落語」!ビートたけしさんが伝説の落語家「五代目古今亭志ん生」の役の中で落語をしながら進行していくわけです。さらに、古今亭志ん生の物語も入れつつ、昭和の時代背景を表現してくれます。

これだけでも、すごく面白そうですよね!

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」のキャスト

宮藤官九郎さんの作品には、しょっちゅう阿部サダヲさんが出てきますよね。阿部サダヲさんと宮藤官九郎さんは、同じ事務所、劇団「大人計画」です。さらに、グループ魂というバンドも一緒に組んでいて、お二人の息はぴったり。

今回も阿部サダヲさんはW主演で主人公を演じておられますね!!

大河ドラマ「いだてん」の主なキャスト

金栗四三(かなくり しそう)→中村勘九郎
田畑政治(たばた まさじ)→阿部サダヲ
春野スヤ(はるの スヤ)→綾瀬はるか(金栗四三の妻)
三島弥彦(みしま やひこ)→生田斗真(金栗四三の盟友)
シマ→杉咲花(三島家に仕える女中)
野口源三郎(のぐち げんざぶろう)→永山絢斗(東京高等師範学校の後輩)
美川秀信(みかわ ひでのぶ)→勝地涼(東京高等師範学校の同級生)
大森兵蔵(おおもり ひょうぞう)→竹野内豊(ストックホルムオリンピック日本選手団監督)
金栗実次(かなくり さねつぐ)→中村獅童(金栗四三の兄)
大森安仁子(英語版)(おおもり あにこ)→シャーロット・ケイト・フォックス(大森兵蔵の妻)
嘉納治五郎(かのう じごろう)→役所広司(金栗四三の恩師)
古今亭志ん生(ここんてい しんしょう)→ビートたけし(落語家。進行役)
美濃部孝蔵(みのべ こうぞう)→森山未來(若き日の志ん生)
五りん(ごりん)→神木隆之介(志ん生の弟子)
知恵(ちえ)→川栄李奈(五りんの恋人)
橘家圓喬(たちばなや えんきょう)→松尾スズキ(落語家)
金栗信彦(かなくり のぶひこ)→田口トモロヲ(金栗四三の父親)

さすが大河ドラマなだけあって、キャストが豪華ですね!

感想

劇団大人計画の松尾スズキさんや、荒川良々さん、阿部サダヲさん、宮藤官九郎さんに近いメンバーをはじめ、役所広司さんや、ビートたけしさんなど、実力派揃い!

中村勘九郎さんと中村獅童さんの兄弟のやり取りもみてみたいし、みどころがたくさんありますね!!

大河ドラマ「いだてん」楽しみにしています!