エンタメ

川栄李奈が大河ドラマ「いだてん」に出演!どんな役?役柄紹介!

映画にドラマにひっぱりだこ。元AKBメンバーの川栄李奈さん。最近本当によく見かけるようになりましたよね!

2019年には大河ドラマ「いだてん」に出演することが決まり、来年もどんどん活躍される年になりそうです!

そんな人気の川栄李奈さんが「いだてん」でどんな役をするのか知りたい!と思いますよね。ということで、今回は川栄李奈さんの役について調べてみました!!

大河ドラマ「いだてん」とは?


いだてん〜東京オリムピック噺〜
2019年1月6日(日)NHK総合・夜8時からスタート!

今回の大河ドラマは近現代の時代背景とした、大河ドラマでは珍しい作品。また主役も二人!中村勘九郎さんと、阿部サダヲさんがつとめます。

オリンピックをテーマとして、中村勘九郎さんが演じる金栗四三(かなくりそう)はオリンピックに初出場を果たした男。

阿部サダヲさんが演じる田畑政治はオリンピックを日本に招致するべく尽力した男。この二人の男の物語がリレー形式で進行します。

さらに、進行役はビートたけしさん。それも伝説の落語家「五代目古今亭志ん生」になって、物語の紹介がされるのです。

中村勘九郎さん、阿部サダヲさん、ビートたけしさんを宮藤官九郎の脚本で。って!!面白いの確実じゃないですか!!という豪華な顔ぶれ。

その中に川栄李奈さんが出演されるのですから、大したものですね~!!

川栄李奈さんの役は「知恵」ちえ

ビートたけしさんが演じる「五代目古今亭志ん生」の弟子として登場するのが、神木隆之介さんが演じる「五りん」。

ごりん・・・って。五輪とかけているのでしょうか。

View this post on Instagram

#神木隆之介

A post shared by 神木華芽 (@ryu0519my_angel) on

五りんの恋人が川栄李奈さん演じる「知恵」です。

川栄さんは、恋人「五りん」をひっぱっていけるような演技をしていきたい。以前、宮藤官九郎の脚本で演じたことがあったが、すごく楽しかった。今回は宮藤官九郎さんの想像を超える演技の引き出しをみせていけたらいいなと思います。とコメント。

五りんは、「五代目古今亭志ん生」の弟子にしてもらいたいと頼んだものの、志ん生から断られました。しかし、いつの間にやら住み込んで居ついてしまう。ですが、落語には興味を示さず、志ん生に対する口の利き方もよろしくない。

そんな五りんのそばにはいつも川栄李奈さん演じる「知恵」がいました。明るくて物怖じしない性格で、五りんは頭が上がらない様子。

なるほど、それで会見の時に、「五りんをひっぱっていきたい」をコメントしたのですね。

まとめ

大河ドラマ「いだてん」に出演される川栄李奈さんは恋人の五りんとともに、「五代目古今亭志ん生」に弟子入りをお願いして断られたけれど、なぜか恋人と一緒に居ついてしまった女性。

図々しいカップルで、今ならびっくりですが、昔はそういうのも結構あったのかもしれないですね。

川栄李奈さんがどんな演技をみせてくれるのかすごく楽しみです!