ニュース

お好み焼き店で店長を土下座させた韓国YouTuberは誰?職業は?

大阪のお好み焼き店で動画の撮影をしているところに、撮影はやめてください。と注意した店員に対し、態度が悪いとクレームをつけた韓国のユーチューバーの動画が再生回数290万回を突破しました。

店側は店員の態度は悪かったです。と謝りつつも、撮影はしないでくださいと説明しているにも関わらず、撮影して、動画の投稿をしていることに批判が殺到しています。

韓国YouTuberが大阪のお好み焼きで店員ともめる

大阪市内のお好み焼き店で動画撮影を店員に注意されて逆ギレし、店長を呼んで店員を謝罪させる――チャンネル登録者数4.2万の韓国人ユーチューバーがこんな動画を投稿して、物議を醸している。

「これ自分、食べているの撮っているんだけど、お客さん来る前にこっちに置いといて、お客さん来たらどかしていいですか?」。30代の韓国人という男は、注文を聞きに来た女性店員に日本語でこう話し、了解を取ったとして動画撮影を続けた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000010-jct-soci

日本のお好み焼きを食べる所を撮影する目的でやってきた韓国YouTuber。はじめに女性店員に撮影してもいいか?聞いています。

女性店員さんは、これを許可。しかし、「これ自分、食べているの撮っているんだけど、お客さん来る前にこっちに置いといて、お客さん来たらどかしていいですか?」この質問の仕方だと自分用に撮影しているのか、、動画配信のためにしているのかはわかりません。

また店側もどのような目的ですか?と聞いてもよかったかもしれませんね。

そのあと、別の男性アルバイト店員が、韓国YouTuberaに対して、撮影をやめてください。と注意します。

これにカチンときた、韓国YouTuber。ちゃんと撮影していいか聞いたでしょ?OKっていってるからやってるんだよ?その態度はだめでしょ。

と怒りだします。

これに対して、男性アルバイト店員は謝罪を拒否。その後、店長がアルバイト店員の態度について謝罪します。しかし、撮影についてはやめてください。と頼んでいるにも関わらず撮影は続行。

そして、店長に謝って欲しいわけじゃない、アルバイト店員に謝って欲しいと話します。店長は謝っているのを録画されたくないから、撮影をやめてください。とお願いしましたが、カメラの向きをかえただけで撮影は続行。

その後、アルバイト店員は先ほどの態度をあやまります。そして、和解することができたのですが、なんとそのあとに、あれだけ撮影はやめてくださいと言ったにもかかわらず、YouTubeに動画を配信。

またたく間に動画は拡散され、再生回数が伸びて、いまや290万回も再生されています。

ということで、問題の動画をどうぞ!!

お好み焼き店で土下座させた韓国YouTuberは誰?

さて、こちらの韓国のユーチューバーは一体誰なんでしょうか?ハングルなのでわかりませんよね・・・。

ということでプロフィールです。

  • 名前 ジョンサンジン
  • 生年月日 1980年11月27日
  • 年齢 38歳
  • 出身 韓国
  • 韓国在住
  • 身長176cm
  • 家族 妻、息子、娘

韓国には家族もいるんですね。ジョンサンジンさんは、日本と韓国を行き来して、日本のお店などを撮影して、韓国人に紹介するYouTubeチャンネルを運営しているようです。

普通にとんこつラーメンを食べて、美味しいと紹介していますね。

土下座韓国YouTuberの職業は?

こちらのジョンサンジンさん、普段の職業は、

韓国料理のシェフ

だそうです。料理を作っている動画を発見しました。

料理作ってますね。

感想

これまでの動画では、普通に撮影が行われていますので、今回のアルバイト店員の態度にはさすがに腹がたってしまったのかもしれないですが、撮影はやめて欲しいといっているのにも関わらず、動画を配信してしまったことについては、ついつい再生回数の欲が出てしまったのかなと思わざるを得ません。