ニュース

香港で紙幣ばらまき男逮捕!男は誰?ばらまいた理由は?

香港のビルから大量の紙幣がばらまかれ、一時、市民は騒然となりました。その後、紙幣をばらまいた男性は公共の場を乱したということで逮捕されたそうです。

年末らしい、ニュースですよね。それにしても一体、なぜ紙幣をばらまいたのか?そして一体どんな男なのか?を調べてみました。

香港で紙幣ばらまき事件

香港のビルから大量の紙幣がばらまかれました。金額はおよそ290万円だそうです。そして、ばらまかれたお金は3%しか回収できていないそうです。

290万円の3%というと、87000円・・・。あとの281万3000円はみんな持って帰っちゃったようですね。

ササっとつかみ取りしても軽く10万円位は拾えそうですからね。さすがに拾うのに夢中で動画とってる人はいないかもしれないですね~笑

ですが、本人がネットでばらまくところを動画にとって中継していたそうですね。

ばらまいた男は誰?

逮捕された男は、24歳の男性。仮想通貨のビジネスで財をなした実業家だそうです。

かなり若い方ですよね。

紙幣をばらまいた理由は?

一体どんな理由で紙幣をばらまいたのでしょう・・・。謎です。まだ男からの理由は公式に発表はないので、過去の事件から考察したいと思います。

名古屋ドル紙幣ばら撒き事件

記憶に新しいのがこちらの名古屋のテレビ塔の屋上展望台からドル紙幣をばらまいたこちらの事件。

2003年12月23日に名古屋テレビ塔からデイトレーダーの男性が大量の紙幣を撒き散らした。数千枚の1米ドル紙幣と旧100円紙幣、総額約100万円がばらまかれました。

気づいた職員がすぐに男を取り押さえにいったそうですが、その時に「自分の金だから、好きにさせてくれ」と叫んだそうです。さらに

「株で大儲けした。クリスマスだから皆に還元したかった」

と話したそうですね。

デイトレーダーで生計を立てる元銀行員で岐阜市在住の無職男性(当時26歳)が、株であまりに簡単に儲けられたために嫌気がさし、数千枚の1米ドル紙幣と旧100円紙幣、総額約100万円をテレビ塔の屋上展望台から撒き散らした。男性は経営破綻した足利銀行が株式移転によって設立したあしぎんフィナンシャルグループ株式を、低位株で乱高下していた1円と5円の時に約600万株を購入し、15円の時に売り抜けることで7000万 – 8000万円ほど儲けたという

7000万~8000万から儲かったら100万円位、クリスマスだしみんなにあげてもいいか。と思ってしまいますよね笑。

今回の香港のばらまきの男性も仮想通貨で儲かった人。少しケースが似ていますよね。相当もうかったので、12月にお金をばらまいて、いい正月を迎えてくれたら。という気持ちだったのでしょうか。

香港の紙幣ばらまき事件に関する声

ビルから紙幣ばらまきニュースで龍が如く思い出した
香港で起こったビルからの紙幣ばらまき事件、龍が如くみを感じる
香港の紙幣ばらまきが完全に龍が如く
「公共の秩序を乱した疑い」 こんなの何でもありだな~ 適当な理由付けて逮捕できちゃうじゃん
香港の紙幣ばらまき事件。拾ったら警察に届け出てと言いつつ回収率は3%( *´艸`)そらそうよねぇ

感想

龍が如くみたい。デスノートみたい。というように、ゲームや映画など現実にはあり得ないことですよね。

めちゃくちゃ仮想通貨で儲かって、ビルの上からお金ばらまいて、下の方で必死に拾い集めている一般人を見るのは一体どんな気持ちなんでしょうか?やっぱり優越感で気持ちいいかもしれませんね!