エンタメ

GReeeeNとコラボの高校生人気バンドNo titleのプロフィールは?

2019年公開の映画「愛唄―約束のナクヒト―」の主題歌にGReeeeNとNo titleがコラボした曲が使われることになりました。

GReeeeNというと、顔出ししていないバンドでありながら実力が認められて人気のバンド。平成でもっとも歌われてた曲に「キセキ」が8位にランクインしました。誰しもが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そのGReeeeNが、映画の主題歌のために無名のバンド「No title」とコラボしたところ、音楽配信サービス「LINE MUSIC」で1位を獲得し、話題になりました。

今回はコラボした無名のバンド「No title」についてご紹介したいと思います。

GReeeeNはなぜ「No title」とコラボしたのか?

同曲はGReeeeNの楽曲「愛唄」をモチーフにした来年1月25日公開の映画「愛唄―約束のナクヒト―」の主題歌として書き下ろされた。横浜流星(22)清原果耶(16)演じる余命短い若者同士の純愛劇で「女性の歌声を入れたい」と考えたGReeeeNの4人が、No titleのボーカル、ほのか(17)の透明感ある声に魅了された。

映画の雰囲気に合わせて、女性のボーカルを入れたかったのですね!

なるほど。確かにすごく透明感があって綺麗で可愛い声ですね。ピュアな恋のイメージにぴったりです。

ちょっと映画館で泣いてしまいそうな映画ですね、これは・・・。

「No title」はどんなバンドグループなのか?

「No title」のメンバー

  • あんべ(Gt)
  • ほのか(Vo&Gt)
  • ポチ(ゆうと)(Piano)
  • 青森県三沢市出身の高校生のバンド。 2016年9月に結成。
  • ライブ活動や動画に投稿をして活動する。
  • 文化祭のライブの動画が100万再生を超え話題となる
  • 「LINE」が主催した「LINEオーディション2017」にエントリーし、「バンド部門最優秀賞」「総合グランプリ」を獲得する
  • 2018年1月LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」よりデビュー決定
  • デビュー曲の「rain stops, good-bye」はGReeeeNをプロデュースするJINが担当
  • 新曲「超えて」は、青森朝日放送「めざせ甲子園2018」のテーマソングになった

「LINE MUSIC」で1位を獲得した感想は?

ほのかは「素敵なコラボに参加させていただけて光栄。1位にはとっても驚きました!」と謙虚なコメント。レコード会社関係者は「想定外の大きな反響に驚き」とうれしい悲鳴を上げている。

文化祭ののど自慢で歌うほのかさん。うますぎて会場もびっくりしていますね!!最後のやば!!が会場の雰囲気を物語っています。

感想

No titleはこれから、もっと活躍しそうですね。透明感のある歌声はすごく心にすっと入ってくる感じで、感動します。

今後の活動に期待しています!!