エンタメ

阿部サダヲ出演の舞台2018「ニンゲン御破算」概要あらすじ感想

ドラマや映画でも大人気の阿部サダヲさん。コメディーからシリアスな役まで何でもこなしてしまう演技派の役者さんですよね!

2019年には大河ドラマの主演に抜擢され話題となりました。

今回は阿部サダヲさんが出演した2018年の舞台「ニンゲン御破算」についてご紹介します!

舞台「ニンゲン御破算」の概要

勘三郎さんに書き下ろした戯曲を「御破算」にし、
今考えられる最高の俳優の布陣でリスタート。
それはそれでも、ええじゃないか。
幕末の混乱のどさくさに、斬って斬って歌い踊って、
なだれ打って明治にたどりつく、怒涛の大河ドラマ。
エンタテインメントとはなんぞやという問いに、
わたくし、松尾が出し続けた答えの最終形態、
それが「ニンゲン御破算」だ!
松尾スズキ

2018年の公演のスケジュールはこんな感じでした。

2018年6月7日(木)~7月1日(日)
東京都 Bunkamura シアターコクーン

2018年7月5日(木)~15日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

舞台「ニンゲン御破算」のあらすじ

https://www.instagram.com/p/BlSt8Genb5V/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

時は幕末。大の芝居好きの加瀬実之介(阿部)は、人気狂言作者・鶴屋南北(松尾)、河竹黙阿弥(ノゾエ征爾)のもとへ弟子入りを志願していた。しかし南北に「あなた自身の話のほうが面白そうだ」と言い放たれた実之介は、自分や自分の人生に関わってくる“ニンゲン”たちの物語を語り出し……。

こちらの舞台では幕末どさくさ社中が生演奏をしているので、そちらもみどころの一つとなっていました。

キャスト

作・演出:松尾スズキ
出演:阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子 / 荒川良々、皆川猿時、小松和重、村杉蝉之介、平岩紙、顔田顔彦、少路勇介、田村たがめ / 町田水城、山口航太、川上友里、片岡正二郎、家納ジュンコ、菅原永二、ノゾエ征爾、平田敦子 / 松尾スズキ / 前田悟、齋藤桐人、乾直樹、阿部翔平、井上尚、掛札拓郎、笹岡征矢、中村公美、香月彩里、石橋穂乃香、青山祥子、中根百合香

ヒロインは多部未華子さんだったのですね!

舞台「ニンゲン御破算」を見た人の声

ニンゲン御破算面白かったなー。大人計画の舞台、死ぬまでに1回は観た方が良いって言えるし、私は死ぬまでに50回は観たい
私は勘三郎の生前、平成中村座、コクーン歌舞伎、赤坂歌舞伎に行くことはありませんでした。 しかし、#ニンゲン御破算#贋作桜の森の満開の下 を見てみて、歌舞伎座以外での勘三郎の歌舞伎を想像しました。 勘三郎の意思は、野田秀樹や大人計画の人達に受け継がれてると思いました。
『面白い』ニンゲン御破算は声に出してほんとぎゃハハって笑えるくだらない面白さ、何か考えるモノがあり感動できる面白さ、作品としてちゃんと成り立っている立派な面白さ。 此れこそが演劇だぁー!醍醐味だーー!!と突きつけられて感無量だったなぁ。。
ニンゲン御破算また観たくなる
そして私は何気にサダヲさんの歌声が好き…ニンゲン御破算の時も、歌は不謹慎だが、声はすごく良かった…
ニンゲン御破算また観たいなぁサダヲさんめちゃかっこよかったなぁ
ニンゲン御破算〜!!!!あの舞台本当に笑い疲れてしんどかったやつ。本当に、もう終わりにしてくれって思ったもん阿部サダヲさん

感想

脇役でも主役でも光る人。それが阿部サダヲさんですね。演技がすばらしいと思いますし、何より面白い。

意外と人は笑わせようと思うと笑わないものなので、笑える脚本をかける松尾スズキさんも、笑わせることのできる阿部サダヲさんもすごいなと思います。

やっぱり舞台で仕込んだ、間かな。間がすごく上手ですよね。

2019年の大河ドラマも楽しみです!!

阿部サダヲと蒼井優の映画「彼女がその名を知らない鳥たち」概要あらすじ感想コメディーに定評があるものの、どんな役もこなしてしまう演技派の阿部サダヲさん。幅広い年齢層から支持され、その実力から2019年の大河ドラ...