エンタメ

阿部サダヲの本名は?高校はどこ?バンドしてるって本当?

映画やドラマでひっぱりだこ!大人気の阿部サダヲさん。2019年の大河ドラマでも主役に抜擢されて話題となりましたね。

今回は、そんな阿部サダヲさんの本名や高校について、またバンド活動についても調べてみました!

阿部サダヲさんのプロフィール

阿部 サダヲ(あべ さだお)
生年月日 1970年4月23日(48歳)
出生地 千葉県松戸市
身長 164 cm
血液型 A型

舞台「冬の皮」でデビュー(1992年)。劇団「大人計画」に入ってから半年もたたずに温水洋一の代役として「演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る」でテレビに出演、デビューをした。

阿部サダヲの出身の高校は?

https://www.instagram.com/p/BpOshxUnt2j/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

阿部サダヲさんは原辰徳に憧れて、小学生の時から野球をはじめ中学、高校と野球を続けていたそうです。

とても足が速かったので、盗塁が得意だったそうですよ。

高校に入り、本気でプロ野球選手になるべく頑張っていた阿部サダヲさんですが、同じ県内(千葉県)にいた「石毛博史」選手をみたときに、実力の差を感じ断念したようです。

石毛博史選手というと、身長188㎝もあり巨人や近鉄、阪神などで活躍したピッチャーですね!

ということで、阿部サダヲさんの出身校は野球がさかんで、千葉県内にある高校ということになりますね。阿部サダヲさんの出身校は・・・

千葉県市立松戸高校です。

ちなみに大学は・・・進学されなかったようですね。

阿部サダヲさんバンド活動をする

https://www.instagram.com/p/Bnx8ryjnZ6P/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

お、楽しそうな阿部サダヲさん。

グループ魂(グループたましい)は、ハードコア・パンク・ロックを基調とした日本のコントロックバンド。

1995年、松尾スズキが主宰する劇団大人計画の俳優が結成。読みは「グループましい」ではなく「グループましい」。

結成時のメンバーは暴動(宮藤官九郎)、破壊(阿部サダヲ)、バイト君(村杉蝉之介)の3名。当初はギターを使ってシャウトする漫談スタイルのコントグループとして活動しており、渋谷公園通り劇場、『笑点』などにも出演していた。1997年から、ギター、ベース、ドラムを加えたバンド編成になり、その後、幾度かのメンバーチェンジを経て、現在のメンバー編成に到る。2002年、アルバム『Run魂Run』でミディよりメジャーデビュー。

2005年、結成10周年目にしてキューンレコード(現キューンミュージック)へ移籍。この年の年末には第56回NHK紅白歌合戦に出場。バンド名の由来は、ARBの「魂こがして」から。”グループ”は「自分たちのことを”グループ”と言う人はいない」という理由から。なお、メンバーのほぼ全員が俳優、作家、飲食業などとの兼業ミュージシャンである。各々の本業が忙しいためリリースの間隔が空くこともしばしば。

作詞およびコントの台本はほとんどを宮藤官九郎が手がける。内容はギャグや下ネタ、中年の哀愁等々、ドラマや映画の作風にも通じる独特のセンスに基づくものである。

2011年、結成15周年記念全国ツアー「客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負」のファイナルとして初の日本武道館公演を行った。

宮藤官九郎さんと阿部サダヲさんがいつも一緒なのは、こういうことだったのですね。

芝居や、ドラマなど、宮藤官九郎さんが阿部サダヲさんの良さをわかったうえで脚本を書いているから、本当に面白いものが出来上がっているのですね。

阿部サダヲさんについてのみんなの声

佐藤二郎とムロツヨシと阿部サダヲがすき🤭🌼
荒瀬ちゃんのかっこうで阿部サダヲのインタビューかわいすぎ
阿部サダヲの歌唱力マジで好き!!! 早く歌いたいけど、、、たけぇよwwwwwwwww
メジャーになる前から阿部サダヲを知ってるうちの家族は音量を上げろタコのプロモーションビデオが流れるたびに「ちょっと見ないうちにサダヲ綺麗になって……」など親戚のおばさんのようなことを言います
阿部サダヲ 独特なキャラクターでクドカンさんの作品には欠かせませんね!
阿部サダヲさんのあの上手さはマジで変態だとおもう

感想

阿部サダヲさんて面白いですよね~。演技も上手ですし、あの個性的なキャラがたまりません。年を重ねるごとにむしろかっこよくなってくるのはなぜでしょう?

大河ドラマでも活躍を期待しています!!