ニュース

歌舞伎町射殺事件・阿部勝が逮捕時に顔に血?理由は?潜伏場所は?

2019年1月東京・歌舞伎町で男性が射殺される事件がありました。犯人は指名手配されていましたが、7月11日に江戸川区で身柄を確保されました。

逮捕された時の映像がありますが、なぜか顔に赤いものが・・血?しかしなぜ血が?そして、これまでどこで潜伏していたのか?調べてみました。

歌舞伎町射殺事件・安倍勝が逮捕

 東京・歌舞伎町で男性が射殺された事件で、元暴力団組員が逮捕された。

指定暴力団住吉会系の元組員・阿部勝容疑者(56)は、1月、新宿区歌舞伎町のカラオケ店で、男性(当時65)を拳銃で撃って殺害するなどした疑いが持たれている。

阿部容疑者は公開手配されていて、11日夕方、江戸川区内で身柄を確保された。

その際、拳銃を所持していたという。

つかまった時にも、拳銃を所持していたそうですね。何かトラブルに巻き込まれてしまった時に、相手が拳銃を持っていたとしたら、恐ろしすぎますよね。

安倍勝が逮捕時に顔に血?理由は?

顔についてるのって、血??
どういった状況で顔に血がついているんだ?

逮捕された時の顔に血がいっぱいついていて、思わず「怖い!!」となりました。これって何の血、傷なのでしょうか?

逮捕時に暴れて警官に取り押さえられた時に傷が入った?

阿部勝容疑者は拳銃を所持しているのか、していないのか、警察はわからないままに、突入しているはずなので、相当警戒し、強く取り押さえたのかもしれませんね。

本当に命がけで仕事をしてくださった警察官の方々には頭が下がる思いです。

潜伏場所は?

1月にカラオケ店で銃殺した阿部勝容疑者はなんと、半年もの間、拳銃を持って逃げていたことになります。

一体、どこに隠れていたのでしょうか。

ニュースによると、全国に指名手配をしていたところ、都内の関係先で見つけて逮捕した。ということですので、

阿部勝容疑者の知り合いが、かくまっていたということになるのでしょうか。どこかのホテルや、公園を転々として・・・というのであれば、やはり疲れが出たり、目撃情報があったりしますが、さすがに身内がかくまっていたら、バレにくいのかもしれません。

感想

顔の血があまりにも生なましいですよね。