google-site-verification=l9T_2-q74LZr9OLTSMN0MOz1U9yB1OTf07PxPrzZuSM
YouTuber

青汁王子が再びホストに、三崎優太が働いていたお店はどこ?

青汁王子こと三崎優太が再び動いた。2021年11月24日から28日までの5日間に渡って再び「三崎愛汁]としてホストに転身し、そのカリスマ性を再び遺憾なく発揮した。

思い起こせばこの青汁劇場ともいうべき三崎優太のホスト転身はさかのぼる事2年前である。

彼と言えば2018年に脱税を疑われ国税局と戦ったりなど、その人気の大きさに比例するように話題になる問題の大きさも目を引くものがあった。

若くして青汁で大成功をおさめ、燃焼130億円社長として天に上り、そこから「犯罪者」として一度は転落していった。

ただここで終わるわけがないのがこの三崎優太という人物である。

「三崎愛汁」としての青汁劇場の幕開け

この三崎優太のホストとしての活動が始まったのは2019年の8月19日、場所はホストクラブといえば知らない人はいないであろう超有名店、新宿歌舞伎町の「愛本店」である。

この時期というのは、ちょうど脱税容疑で逮捕され、判決を待つ身であったころのことである。普通の人であれば判決結果が気になり他の事など考えている余裕などないはずな気もするが、彼は違った。

いくらもともとカリスマ経営者といえど、畑違いの業種でそんな簡単に結果を出すのは容易いことではないと思われていたが、結果はというと。

5日間で売り上げ3000万超という驚異の数字をたたき出して見せた。それどころかその後移籍したお店でも、一日にして3000万円を売り上げて見せた。

やはり一度でも成功をおさめたり、結果の出し方を知っている人は畑違いの場所でも結果を出してしまうというのを筆者自身も目の当たりにしたことがあるため、納得できる。

この動画では、涙を浮かべながら感謝の言葉を述べ、同じ北海道出身のアーティスト「GLAY」の曲を歌った。

この動画からも見て感じれるように、彼は情や恩義というものに対して真摯に向き合い感じれる人物なのだなという風に思う。

カリスマだけではなく、人としてのこういった部分も彼が高いレベルで実業家として活躍できる所以の一つであることは間違いないであろう。

三崎優太が働いていたホストクラブの名前は?

三崎優太が働いていたお店の名前は、新宿歌舞伎町にある「CANDY]というお店である。

この青汁劇場の詳細は、どうやら今後彼のYouTubeでリアルドキュメントとして視聴することが可能なようだ。

この動画の詳細とリアルドキュメントは今後も追って行きたい。

人気ユーチューバー・ヒカルも応援に駆け付けた

このリアルドキュメントの内容も気になるところではあるが、2021年12月6日、人気ユーチューバーのヒカルが自身のチャンネルで「三崎愛汁」の勤めるホストクラブに11月28日の最終日に訪問したこと、そこで大盤振る舞いした様子をアップした。

青汁王子とヒカルは、11月に一緒にドバイを満喫する動画を投稿しており、かなり波長が合うような印象を受けた。

ヒカル自身ホストクラブに行くのは今回が初だったようで、かなり楽しんでいるような姿が見受けられた。

席について早々、すべてのテーブルにお酒と枝豆を100万円分振舞って見せた。ただこれはまだまだほんの序の口である。

最終的には1000万円の札束をどかんと見せ、これぞトップユーチューバーという姿を視聴者にしっかりと見せてくれた。

さらにヒカルの素晴らしさを感じたのは、お酒を一滴も飲まずに大金を出してしまうところだ。

この行動はやはり誰にでも出来ることではないし、彼自身も様々な苦労を乗り越えてきたからこそここまでの豪快さを見せられるのであろう。

最後に

筆者自身も青汁王子の華やかな部分や、裏の部分もさらけ出している彼の個人の情報開示のクリーンさに惹かれ現在興味を抱いている。

彼を見て感じるのは、成功と失敗、天国と地獄を見てきたからこそのある種の人生に対しての吹っきれた部分というものを感じる。

何事にも恐れず向かっていく、それはただやみくもに向かっていくのではなく、経験やその中で得てきた質の高い知識でもって向かっていく。

ここから感じるのは、経験から得られる知識に勝るものはない、という事。やはり簡単に手に入るものはありがたみが薄いが、苦労して手に入れたものはその分簡単には失いにくい。

例えるならば、いくら経営本を読んで知識を詰め込もうが、やはり実際に自分で経営をしてみる、その中で学んだ知識の方がしっかりと頭に刷り込まれやすいという事だ。

ただ学んで成功できるのであれば、極論を言うと大学で経営学を学んだ学生みんな成功しているはずだ。人生で何か成功をおさめるというのは、理屈だけでは乗り越えられないものがあるという事だと筆者は考えている。

そんな中で今回の青汁王子の再びホストに転身するというこの企画というのは、とても学びが深いものである。

考える事も人生において大切であるが、時に考えるより先に行動してみるのも結果を出すために必要なことなのかもしれない。