google-site-verification=l9T_2-q74LZr9OLTSMN0MOz1U9yB1OTf07PxPrzZuSM
ニュース

吉村府知事に殺害予告をした松本和也(柳井市)のまとめ、顔写真あり

2020年5月18日、吉村大阪府知事に殺害予告をしたとされる山口県柳井市の松本和也容疑者(35)が逮捕・送検された。

先月の24日に松本容疑者は、インターネット掲示板の5チャンネルにて殺害予告をしたとされる。

実際の投稿と、顔写真

 

こちらが実際の投稿と、松本容疑者の逮捕時の写真になります。この投稿は調べによると、2020年4月24日金曜日の15時08分に自宅から投稿されたものであるという事が判明。

この吉村府知事に対しての投稿以外にも、約50件ほどに渡って投稿があった模様。

この書き込みがあった日というのは、吉村府知事が休業要請に応じないパチンコ店の店名を全国で初めて公表した日でもありました。

匿名というこういった脅迫めいた投稿というのはなぜ無くならないのか。インターネット利用が当たり前になっている現代。

しかしその一方で、今だ情報リテラシーに欠くような今回の様な事件。

匿名で顔も見えないからこそ普段の日常とはまた違った自分を出しやすい場でもあるが、やはりネット利用にもしっかりとしたリテラシーは必要不可欠であることを再認識できるのではないでしょうか。

これに対する吉村府知事の反応は?

ちょうどテレビ番組に生出演中に、秘書課から知事に情報提供があり発覚したこの事件。

 

やはり人の上に立つ以上、批判も当然受けるポジションであるわけですが、吉村府知事は国のためにかなり全力を尽くされているように感じています。

賛否両論は承知の上で、府民のために現実を突き動かそうとする、とてつもない覚悟のなか問題と向き合っておられるわけです。

まとめ

改めて容疑者についてまとめると
氏名 松本和也
年齢 35歳
住所 山口県柳井市
職業 自営業(飲食店)

やはり新型コロナウイルスによる自粛などといった事もすくなからず犯罪増加に影響があるのではないかという考えは否めません。

思わぬ形でストレスがたまり、尚且つ自宅にいる時間も長くなるとスマホやPCの利用時間も自然と増える。

そういった中で新型コロナウイルスだけではなく、犯罪の拡大も防いでいかなければいけない。

そう考えると、現在の日本は果たしてどうか。国民が安心して生きていけるような政府からの確かな補助等はなされているのか。

お店を続けたくても続けることが出来ずにお店をたたんでしまう人、急に職を失ってしまい明日を生きるのにもやっとな人。

すべて後手後手に回ってしまっている結果が今の現状ではないでしょうか。このままでは本当に日本が崩壊してしまいます。

これ以上このような悲しい事件が増えないでほしいものです。